« 2005年6月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

あ!

土曜日~日曜日、仕事で更新できませんでした・・・。
あ~疲れた。

ですのでレースはまだ見てません。

ほら。ヘブンリーロマンス、来たでしょ。
ね、ね、人気無さすぎだったでしょ。
でも、次は来ないと思います。
牝馬の好調期は短いから。 
エアグルーヴぐらい強い馬なら別だけどね。

で、土曜日、職場の人としばし競馬談議に花を咲かせたのですが、なんとヘブンリーロマンスで見解が一致!
で、買い足したんです。ヘブンリーロマンス流しの馬連を。
で、こっそり当てました。馬連で。

クルマは買えないけど、ラジコンぐらいなら買えるな。

じゃ、また来週~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第132回 天皇賞(秋)

こんばんは。

久々に金曜日に買い目が決まりました。
今回は大穴馬券を買います。

馬連・馬単・3連複・3連単 BOX 1・4・8・10で。

当たったらものすごいです。

クルマ買えます。

まずは1番ヘヴンリーロマンス
調教最高。絶好調。
宝塚記念で安田記念2着のスイープトウショウが勝ったのもその一例と見ているのですが、牝馬は好調時と不調時がハッキリしているケースが多い。
前走札幌記念1着のこの馬、人気なさ過ぎです。狙います。

続いて4番ハットトリック
距離が長い印象もありますが、府中の2,000は過去多数のマイラーが好走してきたコース。
ペリエに乗り替わって末脚全開。甘く見てはいけません。
スタートさえ決まれば勝ち負け。

8番のキングストレイルは3歳馬。
春のクラシックを骨折で棒に振ったが、無事なら皐月賞あたりで好走していた馬。
前走、長期休養明けの2,200mを北村でも勝ったのは能力の高い証拠。
鞍上は距離適性を重視して菊花賞ではなく府中の2,000mを選んだ。
無欲の挑戦が実を結ぶか。

そして10番ハーツクライ
休養明けだが調子は最高潮。
末脚はかなりレベルが高く、直線は必ず伸びる馬。
ルメール騎手が上手く乗れば優勝も近い。

という見解です。

ゼンノロブロイは、切り時かな。
格は最上位なので、来たら仕方ないです。あきらめます。

タップダンスシチーは馬券的相性が非常に悪いので、今回切ると来そうな気もするがさすがにもう限界ではないか。

スズカマンボは肝心の調子が万全でないと判断。

予告で推したアサクサデンエンも結局調教の内容を見て切りました。


では。

・・・クルマ買えるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3連単的中。

アドマイヤジャパンの横山典弘も本当に良く乗ったけど、最後は次元の違う末脚で武豊ディープインパクトがきっちり差し切り、見事無敗で3冠を達成しました。

なんかダビスタですごく強い馬が生産できた時ぐらい強いな。現実離れしてる。
でも、いつか負ける時も来るんだろうなぁ。

単勝の配当は100円戻しだって。
100万円分買っても100万円そのまま戻ってくるだけじゃん。
これじゃ「無敗」の3冠じゃなくて「無配」の3冠だよね。

馬券は3連単的中しました。
70倍もつくとは思ってませんでしたので少しうれしいな。
(42点も張ったけど)

来週の天皇賞は、馬券的に非常に難しい。
現在のところ注目しているのはアサクサデンエンキングストレイルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第66回 菊花賞

こんばんは。

ディープインパクトは強い。少なくとも3歳馬の中では抜けている。
恐らく菊花賞勝利の後、JCで初めて古馬と戦う事になるだろう。
厳しい言い方だが、そこで勝てればディープインパクトが本当に強い馬という証拠。

今回はその通過点に過ぎないと思います。
ちょっと早いけど無敗の3冠、おめでとう。

今回は2着~3着は混戦です。
3連単1頭軸流し
7-4・5・6・8・10・11・14で。

42点張りで行かせていただきます!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

馬連1点的中!!

って、喜んでるわけにいきません。
馬連180円でしたか・・・。
そこまで低配当だとは思ってませんでした。
ぜんぜん儲かんないっての。

来週も強いの1頭いるからな。
でも、意外なのが2着に来るかもしれません。

ではまた来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第10回 秋華賞

秋華賞です。

前哨戦のローズSを見る限り、エアメサイアラインクラフトは強い。
もちろんコース形態や展開によって結果は左右されるけど、まず上位争いは間違いないと思います。
ということで高配当は狙い辛いですね。

注目は武豊の手綱捌きかな・・・。

馬連 5-10
押えに3連複BOXを活用。1・5・7・8・10で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第39回 スプリンターズS

お久しぶりです。
阪神タイガース、リーグ優勝おめでとうございます。
日本シリーズは対戦相手がまだわかりませんが、日本一になれば20年ぶり。当時は選手だった岡田監督の胴上げを楽しみにしています!

さて、やってきましたスプリンターズS。
サイレントウイットネスが圧倒的な人気を集めると思いきや、前日オッズ(土曜日12:30現在)はデュランダルと肩を並べての1番人気(2.5倍)。短距離戦(1400M以下)の成績は共に素晴らしく、サイレントウイットネスが(17・0・0・0)。デュランダルは(4・3・1・0)で、戦績だけ見ればサイレントウイットネスが上位ですが、地の利でデュランダルも人気を集めているといったオッズでしょうか。
しかしこの2頭、共に6歳馬。上がり目となると、正直あまり期待できないと思います。特にデュランダルは9ヶ月以上の休み明け。蹄の状態は心配ないと思いますが、鉄砲駆けは最高2着の成績で多少割引は必要だと思います。

そこで今回は先物買いの意味を込めてテイエムチュラサンに期待しています。
前走アイビスサマーダッシュは、直線で差し返す根性を魅せ、54.0秒という立派な時計で快勝。今回は一気の斤量増加・直線の坂・距離延長など条件は非常に厳しいですが、目下の調子は最高潮。4角スパートで出し抜けを食らわし、昨年のカルストンライトオのような勝ち方を期待しています。早めにサイレントウイットネスに来られると厳しいでしょうから、内枠を最大限に活かす積極的なレースでチャンスをモノにして欲しいと思います。

相手は3頭。まずはサイレントウイットネス。そして小牧太ゴールデンキャストとアンカツに乗り替わったシーイズトウショウまで。

馬連 2―1・6・13

以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年11月 »