« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

完璧でした・・・。

完璧でした・・・。
怖いぐらい。

TVをつけたら既に最後の直線でした。

ちょうどカネヒキリが抜け出そうという場面。
シーキングザダイヤユートピアもいい位置にいる。
・・・もうこの時点で私、「何が来てもOK」な状態でした。
さらに内ラチ一杯を突いて、もう1頭の推奨馬ブルーコンコルドも迫る。
カネヒキリの勝利は間違いない。問題は2番手・3番手。
シーキングザダイヤが2番手を走るが、それを追うユートピアがシワジワ伸びて来る!
おぉ!ユートピアが2着に来たら、3連単がハズレになってしまう・・。
「そのまま!」
「そのままでいい!」
「そのままでいいです!」
と心の叫びが府中に届いたのか?結局2着にはペリエのシーキングザダイヤが粘りました。
でも、ユートピアの安藤勝己は本気で追って無かったような気が・・・?
まぁいいか。当たったし。

単勝・馬連・馬単・3連複・3連単全部イタダキです。
単勝はもちろん1点買いですが、馬連と馬単を3点買い、3連複と3連単をわずか2点で的中!
昨日ここで挙げた4頭が、見事に1~4着を占拠というおまけ付きでした。いぇい。

次回予想はたぶん高松宮記念(3/26)です。

では。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第23回 フェブラリーS

お久しぶりです。
さて2006年最初のGIです。
本命は一応カネヒキリで。

ただ前走のJCダートに比べると不安な点が断然多いです。
さて馬の能力と鞍上の手綱捌きで、どこまでカバーできるか・・・?

その不安な点とは、次の4点。

「短期休養明け」
「スタート直後の芝」
「距離不足」
「次のドバイ遠征を考慮した仕上げの甘さ」

ですね。

まあ、強い馬ですから惨敗はしないと思いますが。
武豊だし。

相手筆頭はペリエシーキングザダイヤ
惜しい2着が続いています。
2着が多く、ダート10戦して勝ったのはわずか1回。
単勝は買い辛いですが、今回の条件はベストで馬券からは外せません。

次に強調したいのはブルーコンコルド
明け6歳ですが水曜日の追い切りが圧巻でした。

もう1頭、ユートピアの調子がいい。
まぁ調子だけでGIは勝てませんけど。
そういやこの馬、カネヒキリと同じ馬主なんですね。

馬券は次の通り。

単勝 14(1点)
馬連流し 14→3・9・11(3点)
馬単流し 14→3・9・11(3点)
3連複流し 9・14→3・11(2点)
3連単流し 14→9→3・11(2点)

計11点で。

目指せ完全的中!です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »