« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

見送る勇気

難しいので買い目を広げたのですが、やっぱり外れました。
見送る勇気って大事ですね・・・。
 
次回予想は4/9の桜花賞。
今度こそ「ビシッ」と仕留めたいな。
 
では

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第36回 高松宮記念

近年稀に見る混戦のGIレースです。
この馬券は本当に難しい・・・・・。

普通は見送るレースですが、こういうレースを「ビシッ」と当てたいのがギャンブラーの性。
仕方ないので今回は買い目を増やしてみます。
皆様は真似しない方が身のためでしょう。

まずは1週前から注目していたカネツテンビー
晩成血統がここへ来て本格化の兆しが見えてきました。
鞍上も穴を演出することで定評がある江田照男
良馬場かつ落ち着いてレースが出来れば、このメンバーなら足りると思います。

そしてシンボリグランにも魅力を感じます。
1,200mは全て3着以内と堅実なレースをします。
鞍上は名手デムーロ
流れに乗れれば好走出来るでしょう。

しかし、あとの馬がどれもこれも良く解らない。
格的には明らかにラインクラフトが上位だが初の短距離戦で追い不足。
非常に混戦模様です。

馬券ですが、前述のカネツテンビーとシンボリグランが同じ5枠に入ったことだし、ここは珍しく枠連でも買ってみようかな、と。

今の中京は内が荒れている。
狙いは5枠から外の枠。

まずは枠連 5流し-5・6・7・8(4点)

そして両馬を軸に、調教内容が良かった11・13・15・16・18へ馬連・馬単で流す。

馬連 9-10・11・13・15・16・18(6点)
そして 10-11・13・15・16・18(5点)

馬単 9-10・11・13・15・16・18(6点)
そして 10-9・11・13・15・16・18(6点)

あとは穴狙いで3連複2頭軸 9・10-11・13・15・16・18(5点)

ここまで買ったらついでに3連単も。

9←→10 を軸にして、3着に11・13・15・16・18を指名。(10点)

あとは忘れちゃいけない単勝馬券。9と10を両方買います。(2点)

はい。合計44点で!



え?買い過ぎ?
・・・・・ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »