« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

第133回 天皇賞(春)

1番人気は、当然ディープインパクトです。
 
この馬、ご存知の通り今まで出走した全てのレースで1番人気。しかも過去9レース全てにおいて1.0倍~1.3倍という驚異的オッズです。
 
ところで今回のレース、出走各馬を見ていたら面白いことに気づきました。
例えばファストタテヤマ
34戦して1番人気になったのはたった1回しかないんですね。
チャクラも30戦で1番人気は1回だけ。
ビッグゴールドは56戦で6勝してるのにも関わらず、1番人気はわずか2回です。
 
こういう馬を追いかけている人はさぞかし儲かることでしょう。
人気が無いから、馬券に絡むと必然的に荒れる結果になるもんね。
 
でも今回は確固たる軸馬がいます。
無理な穴狙いはしないほうが身のためでしょう・・・。
 
 
さて、馬券の検討を。
 
単勝じゃ儲からない。
馬単で流しても、手数を広げたら元手すら危ない。
 
そこで、以下の馬券で「儲け」を狙います。
 
妙味は道中ディープより前でレースをする馬。
菊花賞も有馬記念も、そして阪神大賞典も、ディープより前に行った馬が馬連に絡んでいます。
ディープより後ろから行ったら、勝ち目は全く無いですし。
今回は各ジョッキーもそれを意識して早めに行くでしょうが、武豊はそう簡単に惑わされることはないと思います。
 
単勝7番(1点)
馬連 7-5・9(2点)
馬単 7→5・9(2点)
 
勝負は以上で。
 
 
あとは\100で、押さえを兼ねたお遊び馬券ね。
 
3連複フォーメーション 7-5・9-1・2・4・5・6・8・9・11・13・14・15(20点)
3連単フォーメーション 7→5・9→1・2・4・5・6・8・9・11・13・14・15(20点)
 

こんな感じで。  
 
※今回の予想は、天候状態などにより変更する可能性がありますのでご了承ください。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

調子が・・・

どうも。
 
フサイチリシャール、失速してしまいました。
粘れると思ったのですが、何かいつもの中山より直線が長く感じたのは私だけでしょうか?
 
フェブラリーSを完璧に的中して以来、どうも調子が悪いです。
このまま1年が終わってしまうのではないかという不安がよぎります。
今、イチロー選手も同じ気持ちなのでしょう(勝手な憶測)。
 
イチローは1割台の打率で苦しんでいます。でもそのうちきっと打率を上げていくでしょう。
自分もそのうち当たりが出ると思います。うん。きっと。
 
でもこの皐月賞の結果でダービーが本当に難しくなってしまいましたね。
ダービーは田中勝春のショウナンタキオンで行こうと思っていたのですが惨敗。
いくら直線が長い府中とはいえ、ちょっと厳しくなってきました。
 
天皇賞はディープインパクトで決まりですが、それ以外のレースは難しそうですね。

ではまた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第66回 皐月賞

今年のGI、このブログにUPした予想は、ここまで1勝2敗です。
微妙な状況です・・。
回収率は良いけどね。
 
皐月賞を獲れば2勝2敗。
でも、負ければ1勝3敗です。
1勝3敗って・・・、横綱だったら休場するかもしれない感じの星勘定ですね。
 
頑張りますよ、皐月賞。
 
本命はフサイチリシャール
これ、3ヶ月前から決めてました。
それなりに自信もあります。
先行能力が高く、直線での粘りは天下一品。
中山向きの脚質で上位争いは間違いないと思います。
 
流す相手も4頭に絞ります。
実績一番アドマイヤムーン
素質を買ってジャリスコライト
そして血統でキャプテンベガフサイチジャンク
 
買い目は以下の通り。
単勝1番(1点)
馬連・馬単 1-4・6・15・16(計8点)
3連複1-15軸流し4・6・16(3点)
3連単1←→15流し4・6・16(6点)
合計18点で完全的中を狙います!!
 
あと、遊びで以下の馬券も。
 
まずは桜花賞で「キス」「キス」「恋」で1~3着を占めたロマンチックな流れを汲んで、
今回は「ベガ」と「ムーン」の「宇宙のロマン馬券!」を。
3連複・馬連BOX4・13・15(計4点)で。
 
そして桜花賞1~3着の騎手がそのまま来るパターンを押さえて、
3連単・3連複4→15→16(計2点)
 
最後にこれも桜花賞と同じく、単純に前走重賞勝ち馬が来るパターンを。
馬連BOX・3連複5-11-15(計4点)。
これ来たら、かなり高配当ですね。
 
以上でございます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

タッチザピークの敗因は・・・

柴原騎手のコメントは「モマれるとダメですね。走るのを止めていましたし・・・」 
 
でした。
 
納得度:★★★☆☆(3)
 
ですね。
 
モマれないレースができればもう少し頑張れたのかなぁ。
確かに3~4コーナーで苦しいところに入ってたからな。
 
新潟の直線コースに出てきたら、買いかな・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

失敗しました

タッチザピーク、直線で失速してしまいました・・・。
 
一方、勝ったアンカツの乗り方は見事でした。素晴らしい!マーベラスな騎乗でした!!拍手です!!
 
 
さて、タッチザピークの敗因ですが、明日の新聞でちゃんと確認しときます。
たぶん距離だと思うんだけどなぁ。 
 
<予想コメントその1>
柴原騎手:「調子は良かったが、道中掛かっていたし直線を向いた時には手応え無かった。距離が長いのかも知れない」
納得度:★★★★☆(4)
これなら、次のレースで短いところに出てきたらキッチリ狙えますね。
 
<予想コメントその2>
田中章師:「もう少し粘れると思ったが・・・。現状では力不足ですね。」
納得度:★★☆☆☆(2)
こりゃGIでは足りないということだね。相手が弱いレースでない限り来ないということかな。
 
<予想コメントその3>
柴原騎手:「現状では良く走っていると思います。今後が楽しみ。」
納得度:☆☆☆☆☆(ゼロ)
良く走ってる!?馬鹿にすんなよこっちは金張ってるんだぞお前に。これで良く走ってるって事は一体何着になると思って出したたんだよ!
 
ところで、載せてくれるかな?コメント。
何せ人気薄だったからなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第66回 桜花賞

本命は「何と」人気薄のタッチザピーク

新馬~OP特別の勝ちっぷりは、相手に恵まれたのかもしれないけど並の馬では出来ない芸当です。
前走の9着で大きく人気を下げていますが、調子は急激に上昇。短期放牧に出した効果が見事に現れていると思います。
最高潮で迎えるこの大一番。ここは見せ場を作るだけでなく、上位争いまで可能と判断しました。
大外枠は確かに不利かも知れませんが、馬の調子を信じて開き直って乗って欲しいですね。
デビュー以来最も良い状態だと思いますので、中途半端なレースだけはして欲しくありません。
 
相手筆頭はアドマイヤキッス
鞍上は武豊です。
能力は非常に高く、しかも抜群に賢くて乗りやすい馬。
道中の位置は中段より後方と読みますが、上がり34秒台を一度も出していないこの馬が前をまとめて差し切ることができるのかどうか?
最後伸びてくるのは間違いないですが、先行勢が粘れば届かない可能性も充分にあると思います。
でも武豊だからなぁ。馬券的には上位に扱います。抜けには出来ません。
 
続いてフサイチパンドラ
気難しい所を出さないで、すんなり走れば上位に来るはずです。
どちらかと言うと自分との戦いですね。この馬は。
 
テイエムプリキュアも相性のいい熊沢騎手に戻って、持ち前の勝負根性が発揮できれば見せ場以上もあるでしょう。
 
あと、関東馬からはアサヒライジング・ダイワパッション・キストゥヘヴンの3頭が雰囲気良いですが、買い目が増えるので馬券には含めませんでした。
 
馬券は次の通り
 
単勝 18(1点)
馬連 18→5・8・17(3点)
馬単 18→5・8・17(3点)
3連複2頭軸流し 8・18→5・17(2点)
3連単フォーメーション 8・18→8・18→5・17(4点)
 
それ行け!柴原央明!!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

桜花賞プレ予想

タッチザピークに注目しています。大外枠だけど。

相手は人気サイドになる予定です。今晩から明日に最終予想を固めてUPしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »