« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

うーむ…。

ブルーコンコルド、いい脚も虚しく2着でした。

馬券は押さえで買ってた馬連だけ辛うじて引っ掛けましたが、収支は当然マイナス。

幸騎手に久々の中央GI勝利を飾って欲しかったんだけどなぁ。

中央競馬の騎手の世界こそ格差社会だな…。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

第24回 フェブラリーS

こんばんは。

私、昨年のこのレースで単勝1点、馬連・馬単を各3点、3連複と3連単を各2点で全てGET!!
 
・・・まぁ、年に一度の偶然か奇跡か。そのどちらかですけどね。
 
でも何と言っても1年で最初のGIレース。今年も絶対当てたいぞ!

 
さてさて今年の本命ですが、ブルーコンコルドで勝負です。
とにかく中間の調教が良かった。

昨年のこのレースの前も抜群の調教でしたが、結果は惜しくも4着。
しかし先着を許した3頭はカネヒキリ・シーキングザダイヤ・ユートピアという壮絶なメンバーでした。
今年は明け7歳ですが、昨年ようやく本格化した印象もあり、昨年よりは手薄な今年のメンバー構成の中に入れば上位争いは間違いないと思います。

相手に注目したいのは上がり3ハロンの脚に優れた、府中の長い直線で能力が活きるタイプの馬。
ここでは3頭ピックアップしますが、最初に挙げたいのはメイショウトウコン
過去5回出走したダート戦、全てのレースでメンバー最速の上がりをマーク。
その能力は府中に替わってこそ最大限に発揮できると思います。

続いてフィールドルージュ
こちらは過去ダート15戦中9回で最速の上がりタイムをマーク。
鞍上ルメールも3度目の騎乗で無様なレースはしないはず。

人気薄ですが、明け4歳のタガノサイクロンも注目です。
前走は2番人気を裏切る形となりましたが実力はある。
それを示すように、過去ダート6戦中4回で最速の上がりタイム。
人気が無い分、思い切った騎乗ができる事でしょう。
肝心の仕上がり状態に一抹の不安はありますが、スムーズに運べれば最後に突っ込んでくる可能性がありそうです。

その他に無視出来ないのは堅実なシーキングザダイヤシーキングザベスト
ちなみにこの2頭、馬主が同じわけではありません(厩舎は同じですが)。
特にシーキングザダイヤの鞍上は武豊で、馬券を買う上で非常に外し辛い・・。
あと、ペリエに替わったメイショウバトラーと、安藤勝巳サンライズバッカスも注目です。


買い目は以下の通り。

単勝 7番(1点)
馬連・馬単 7→6(各1点)
3連複2頭軸流し 6・7-3・4・8・10・12・14(6点)
3連単 7→6→3・4・8・10・12・14(6点)


3連単は遊びですが、3連複は本気です。

以上です。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

今年のG1、いよいよ一発目ですね

どうも。
 
いよいよフェブラリーSです。
 
昨年は3連単も含めて完全的中したこのレース。
 
今年は7歳になったブルーコンコルドが人気を集めそう。
 
でも伏兵陣も侮れないメンバー構成です。
 
世代交代という意味では、明け4歳も面白いかも。
 
 
予想はこれからです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »