« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

第74回 日本ダービー

こんばんは。
 
さぁ、ダービーです。
 
昨日はトゥインクルレースで散々な目に遭った俺。
そのお陰で自分の予想に全く自信が持てません・・・。
 
一応、本命はフサイチホウオーで。
実力が出せれば、たぶん勝つんじゃないかな?
前走も末脚は抜群ですし、府中3戦3勝の実績もある。
 
まずは単勝15番で。
 
さて、ここからが難しい・・。
 
実力馬が揃い、2着3着は一筋縄には収まりそうにありません。
でも思い切って相手は1点。
 
その相手にはローレルゲレイロを指名。
中間の調教を見たら買わざるを得ません。私。
元々調教は走る馬ですが、それを抜きにしても抜群の気配。
ちなみにアドマイヤオーラは、デビュー以来ずっと馬体重が減り続けているのが気に入りませんなぁ。
 
馬連+馬単 15-13を買います。
 
あとの馬は正直、どれが来ても不思議ではない状況。
最近荒れるレースが当たり前のようになってるし。
妙味は連対率100%を誇る馬3頭かな?
 
そこで、3連単フォーメーション 13・15-13・15-3・5・17
 
あと、穴狙いの遊び馬券を。
 
大外枠に入った横山典弘フライングアップル
前走は4角の不利があったので度外視。
前々走で魅せた末脚は決して忘れちゃいけません。
 
しかも府中での過去2戦は、いずれもフサイチホウオーと際どい差。
はっきり言って人気の盲点です。
思い切ったレースができる鞍上にも期待。
 
このフライングアップル、先ほどの3連単フォーメーションの2着に追加します。
 
13→18→5 なら、100円で楽にクルマが買えますな。
 
以上です。

| | コメント (4) | トラックバック (6)

いよいよ日本ダービー

予想、まだ決まってません。
 
正直、フサイチホウオーは強いでしょう。

現在のところ、3連単を1点で買うならフサイチホウオー→フライングアップル→トーセンマーチ。

明日は大井競馬場のトゥインクルレースに行って来ます~。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

第68回 オークス

本命はザレマ
 
中間の調教は迫力満点。
530kg近い大型馬で完歩も大きく、スタミナとパワーを感じさせます。
 
長くいい脚を使えるタイプで、小回りコースよりは広々とした府中向き。
決して「切れる」タイプではないので、前々で流れに乗って早めの抜け出しに期待しています。
未勝利戦と前走の忘れな草賞のレースを見る限り、抜け出してからも気を抜かず真面目に走る馬だなぁという印象がありますし。
 
馬連の相手はベッラレイア
あの末脚は半端じゃないですね。
前走では、自分の本命イクスキューズが楽に残る展開だったところ、大外ブン回して最後の数完歩で一気に交わす破壊力。
鞍上の秋山真一郎は、過去34回出走したGIで一度も馬券に絡んだことがありませんが、ここはGI初勝利の大きなチャンスです。
 
馬券は以下の通り
 
馬連 7-18(1点)
3連単フォーメーション 7・18-7・18-総流し(32点)

馬連が当たれば、自動的に3連単が当たるシステムで勝負です。

以上。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

ダイワスカーレット回避で・・

馬連1点勝負ができなくなってしまいました。
 
現在のところ、本命は「ザレマ」の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

オークス見解

ウォッカが出ないし、普通ならダイワスカーレットとベッラレイアの馬連1点で当たるはず。

でも最近荒れてるからなぁ…

もし穴があるなら先行馬でしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

第2回 ヴィクトリアマイル

本命はディアデラノビア
 
内枠は決して有利ではないと思いますが、中間の充実度はピカイチ。
今の気配なら間違いなく上位争いに加われると思います。
過去出走した半数以上のレースでメンバー最速の上がりをマークしている末脚。府中の長い直線で何頭抜き去ることができるか?
レース展開に殺されなければ、馬券圏内に入る確率が非常に高い。
昨年3着の実績もあり、人気的にも狙って損は無いと判断しました。
 
馬券の相手は格上のカワカミプリンセス・スイープトウショウと、連勝中のジョリーダンスを中心に、押さえでデアリングハート・アドマイヤキッス・スプリングドリューまで。
 
馬券は以下の通り
 
馬連 2-6・7・9・14・16・17(6点)
3連複フォーメーション 2-6・7・17-6・7・9・14・16・17(12点)

 
以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

大波乱

いやぁ~ 荒れました。
 
抜けた馬が不在の難しいメンバーでしたが、サンデーサイレンス亡き今、出走各馬の種牡馬も混戦(?)状態。
フレンチデピュティ産駒」と「キングヘイロー産駒」がそれぞれ2頭づつ出走していた以外は、それぞれ1頭づつのエントリー。
 
実は、2頭づつ出てた「フレンチデピュティ産駒」と「キングヘイロー産駒」だけ(合計たったの4頭)を買っていれば、今回の973万馬券はいとも簡単に的中していたんですな!
終わってからは何とでも言えるけど。
 
ちなみに4着はカッチーのシベリアンバードでした(惜しかった!)が、ローレルゲレイロが仮に来なかったとしたら、3連単 14→18→12は2289万馬券だったんですね。
 
どうせなら、それぐらい荒れちゃえば良かったのに!

| | コメント (2) | トラックバック (8)

第12回 NHKマイルC

こんばんは。
 
難しいです今回。
どの馬も100%の信頼を置けません。
見送りたいです。正直。
 
まぁ、こういうレースは深く考えてはいけません。
競馬歴20年近くの経験からそう思います。
 
馬がわからなきゃ、騎手で買う。
本命は安藤勝己でいきます。
本当に馬の事は良くわかりません。
まぁ任せますよ。アンカツに。
 
馬連16-10・11
3連複・3連単フォーメーション 16-10・11-1・3・6・10・11・12
 
以上で。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »