« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

2007年12月

年間収支集計

 
当ブログの年間収支推移です。
 
・集計対象は、具体的な買い目を公開した予想のみです。
・オッズ合計とは、的中馬券の払戻倍率を合計した数値です。
・回収率は均等買いの場合の収支を表します。

2005年
21戦 9勝 的中率 42.9%
予想点数 408点 オッズ合計 431.3倍 回収率 105.7%

2006年
22戦 8勝 的中率 36.4%
予想点数 463点 オッズ合計 391.5倍 回収率 84.6%

2007年
22戦 3勝 的中率 13.6%
予想点数 428点 オッズ合計 594.6倍 回収率 138.9%

トータル
65戦20勝 的中率 30.8%
予想点数 1,299点 オッズ合計 1417.4倍 回収率 109.1%
  
 
2007年は的中わずか3R。
桜花賞と有馬記念の万馬券で、回収率はまずまずでした。
 

| | コメント (4) | トラックバック (2)

的中~!

マツリダゴッホ、見事に勝ちましたねぇ。
 
4コーナーを回って内にスッと入ったとき「よっしゃ、これは行けるぞ!」と思いました。
そして何故か、中山の直線がいつもより短く感じました。
あの位置からメンバー最速タイの上がりで押し切るのですから、たとえ道中のペースや位置取りがどんなに上手く運んだにせよ、完璧なレースです。
対抗評価のロックドゥカンブは4着。上位3頭が先行馬だった事を考えると、中段より後方の位置から良く追い上げたと思います。
 
馬券は馬連と3連複をBOXでGET。
でも3連複は買い目をここに書いてませんでしたね・・。
 
これで今年の競馬も終了。
いろんな出来事がありました。
来年はどんなドラマが待っているんでしょうか?
 
次回予想は、たぶん2月24日のフェブラリーSです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第52回 有馬記念

こんばんは。
 
調教の内容からマツリダゴッホが非常に気になります。
中山コースを非常に得意としているこの馬、前走の惨敗で人気を落とす今回、狙わない手はないでしょう。
 
あとロックドゥカンブも上昇気配。
53kgで出走できるのも大きな魅力です。
 
現在のところこの2頭を中心に馬券戦略を考えています。
 
この2頭以外ではメイショウサムソン・ダイワメジャー・ポップロック・ダイワスカーレットは無視できない存在。
 
馬場状態を加味した最終結論は改めて書き込みする予定ですが、現在のところ次のような馬券を考えています。

馬連・ワイドBOX 1・3・4・6・7・8
3連複2頭軸流し 3-8→1・4・6・7

 
とりあえず現在はそんな感じです!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第59回 朝日杯フューチュリティS

札幌からこんばんは。
 
ジンギスカンを食べる予定が、諸事情により今回は無しに。
まぁいいや。美味しい居酒屋さんに連れて行ってもらったから。
たちポンが旨かったなぁ。
満腹でございます!
 
さて競馬。
 
昨日から決めてましたが、本線は調教内容からアポロドルチェ&ゴスホークケンの2頭。
 
まずは馬連1-14

まぁ、そう上手く1点では決まらないと思うので3連複1・14流しで7・9・10・11・16へ。
 
最後に馬連BOX 1・7・9・10・14で押さえ。
 
3通り買うけど、3通り全部当たるかもしれない買い方。
 
以上でございます。
 
 
(おまけ)
中山2R
馬連10-4・5・7・11
中山9R
馬連5-2・3・6・7・11
 
では〜

| | コメント (3) | トラックバック (1)

第59回 阪神ジュベナイルフィリーズ

 
デビュー間も無い2歳牝馬の戦い。
我々素人としては、一回もレースを見たことが無い馬が多く出てて困る。
なので毎年、マスコミによる前評判に騙されてしまいがちなレースです。
過去の1番人気馬を見ると「へぇ、この馬が1番人気だったの!?」って感じの馬が数頭。
今年の1番人気は大丈夫でしょうか?
  
でも私が実際に(画面で)見たレースの中で選ぶなら、
一番信頼できるのは、やっぱりオディール+アンカツでしょう。
今回も引き続きアンカツが手綱を握るオディールは、好位でレースが出来る馬。
母キュンティアはこのレース2着でしたが、娘は勝つことが出来るでしょうか?
大崩れしなそうなイメージで、いかにも軸にしたくなるタイプ。
 
楽しみなのはエイムアットビップの先行力。
距離や坂が不安と言われてますが、血統的には全然問題ないはず。
一気に逃げて、どこまで粘るか楽しみです。
 
人気薄の中からはレーヴダムールに注目。
前走の新馬戦(アンカツが乗ってた)では、ほぼ無理な位置から強引に伸びてきた。
叩かれ上昇の今回、最後に伸びてくるのはこの馬かもしれません。
 
あとは藤田伸二のアロマキャンドル
内でロスなく運べれば上位。
 
馬券は以下の通り
 
馬連BOX 4・9・10・11
3連複2頭軸流し 10・11-3・4・9・15
 

以上です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »