« 2008年6月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

第69回 菊花賞

先週の秋華賞は大荒れでした。
今週の菊花賞も、再び京都競馬場で行われます。

 
この菊花賞、昨年も一昨年も自分の予想はハズレ。
でもその前の年は3連単獲ってるし、大荒れの6年前も馬単と3連複を獲ってる。
当り→外れ→外れ→当り→外れ→外れ と来て、今年は当たる番ですよ皆さん。
 
さぁ予想。
 
本命は horse ロードアリエス
競馬新聞によると距離が不安とか調教が平凡とか、あまり評価されてないようですね。
そりゃどの馬も距離は不安です。
そして水曜坂路追いのラスト1F12.5秒。平凡どころかこの馬にとっては最高の内容。
レベル高かった前走、太目残りながら先行してしっかり掲示板に残ったこの馬。
状態UPに加え、今回は得意の京都。馬券圏内に粘れるはずです。
人気的にも美味しいですね(現在8番人気)。
 
相手筆頭は horse スマートギア
理由は、なんだかヒシミラクルっぽい匂いがするから。
野分特別勝ってるし、佐山厩舎だし。
 
あとは押さえで

horse オウケンブルースリ
horse スマイルジャック
horse ヤマニンキングリー


馬券は以下の通り

馬連流し 6-8・10・12・14
3連複2頭軸流し 6・8-10・12・14
3連単フォーメーション 6・8→6・8→10・12・14

以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (10)

第13回 秋華賞

こりゃ難解ホークスです。
10回走ったら10回違う馬が勝つ。そんなレースです。
今回の馬券を獲るには運が必要ですね。

 
しかし、最後の直線は激しい攻防が見られるんじゃないでしょうか。
粘る先行勢に襲いかかる差し~追い込み勢!
ゴール板を通過する瞬間、先頭にいるのは一体どの馬なんでしょうか?
 
本命は、状態良さそうな horse レジネッタ
水曜日の販路調教で勝負用のセッティングが完了。
持ち前の根性で、ひとつでも上の着順を狙って欲しいです。
正面スタンド前の発走でイレ込んだりしなければ大丈夫だと思います。
小牧騎手は馬の力を信じてるなら、残り100で先頭に出る強気振りを見せて欲しいがどうか。
 
相手は絞ります。
狙いは「レジネッタと一緒に外目から差して来る馬」
 
horse リトルアマポーラ
horse トールポピー
horse オディール

です。

馬券は以下の通り
 
dollar馬連流し 17-7・11・18 
 
以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

とりあえず的中~

久々のGI的中です。
素直に嬉しいです。
収支マイナス?
確かにそんな気もしますが、いいんです別に。
ひとつ当たれば、次のGIに平常心で臨めますから。
 
スリープレスナイトは強い競馬。
上村騎手は見事な初GI制覇でした。
本当におめでとうございます!
 
トウショウカレッジは馬券に絡めず。
でも直線の伸びは良かったですね。
上がりタイムはメンバー最速でした。
  
ではまた~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第42回 スプリンターズS

久々のGIですね。
 
これから始まる有馬記念までのGIロード。
最後に笑うかそれとも泣くか、まずは大事な1戦目です。
 
今週はスプリンターズS
中山の1,200mで争われます。
ちょっと昔は有馬記念の1週前にやってましたねこのレース。
未だにSFC版ダビスタIIIの開催日程が体に染み付いて離れません私。
相当ハマってたからなぁダビスタIIIは。
最新版はダビスタDSらしいですね。でも寝不足になるのが怖いから買ってないです。
 
では予想。
 
中間の調教で抜群の気配を見せているスリープレスナイト
春の京葉Sで勝った時、それまでダート路線を歩んでいたこの馬の芝に対する適性を見抜いたのは横山典弘騎手。さすがですね。
京葉Sのあとは1回ダートを使いましたが、そこからCBC賞→北九州記念と芝の重賞を2戦2勝。
先行できる脚質もたぶん中山向きです。
鞍上の上村洋行騎手はデビュー17年目で初のGI制覇の大きなチャンス。
がんばって頂きたい。
 
トウショウカレッジも調子を上げています。
直線はテレビ愛知OPの時のように内を狙うのではないかと思ってますが、果たして前が開くかどうか。
差してどこまで突っ込めるか。今の状態なら必ず最後は伸びるはず。狙って美味しいと思います。
 
あとはほぼ横一線。
脚質を重視し、先行馬を中心に馬券を組み立てました。

買い目は以下の通り 

馬連流し
14-2・7・9・11・12・13・15 (7点)

3連複2頭軸流し
9・14-2・7・11・12・13・15 (6点)

秋のGI、初戦から当てたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (16)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年11月 »