« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

第28回 ジャパンカップ

前々日の最終オッズを見た方は「え!?」と思ったことでしょう。
ウォッカの単勝が11.7倍だったから。

 
さて、JC。

本命は horse ディープスカイです。
 
前走あの天皇賞で勝ち馬と同タイムのクビ差3着。
そもそもディープスカイ陣営の目標レースは今回のJCですし、仕上げに抜かりなし。
道中はじっくり、ウォッカよりも後ろからのほうが良いと思いますよ。
ちょっと行きたがる感じを見せることがあるので極端なスローだけが心配ですけど。
 
相手筆頭は horse マツリダゴッホ
世間では「府中じゃ来ないだろ」って言われていますけどね。
去年の有馬記念の時もそうでしたが、調子が良ければキッチリ力を出せる馬だと思うんですよ。
 
そして horse ウォッカ
ダービーを勝った名牝だし常識的な考え方はあてはまらないかもしれませんが、
2000m以上のレースでは明らかに信頼性が落ちると思います。
しかし今回、前走の仕上がりをしっかりキープできている。
無視はいけません。
 
馬券は以上の3頭で。
 
馬連・ワイドBOX 4・9・13
3連複 4・9・13
3連単フォーメーション 9→4・13→4・13
 
以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

第25回 マイルCS

毎日王冠の時点で、今回の軸は horse スーパーホーネットとほぼ決めていました。
しかし、残りのどの馬にも平等に上位争いの可能性がある感じがしていました。 
こりゃ買い目を絞るのは難しいだろうなぁと思っていたら、そこに現れた救世主。
その馬の名こそ horse マイネルレーニアです。
 
現在2連勝中。
楽に逃げられるかどうか、展開が大きな鍵を握ります。
最内枠には高松宮杯でもハナを切った horse ローレルゲレイロがいる。
そして安田記念でハナを切った horse コンゴウリキシオーもいる。
しかし、そんな厳しい状況を克服できる今の素晴らしい出来。
 
馬券は以下の通り
 
馬連・ワイド 4-17
3連複2頭軸流し 4・17-1・6・16

以上です。

| | コメント (3) | トラックバック (12)

第33回 エリザベス女王杯

horse ポルトフィーノは、もし秋華賞に出てたら確実に本命にしてました私。
 
結局賞金が足りず、残念ながら秋華賞は出走できませんでした。
でも、その秋華賞と同じ日の準OP戦。見事な末脚を披露して快勝しました。
4戦3勝、しかも鞍上は武豊。さらに母はあのエアグルーヴ。
そして今回の調教も、前走と変わらぬ快走ぶり。
初の距離、そして初のGI。
そんな不安が囁かれていますが、精神的に落ち着いてきた感じもあり、ここは本命に指名します。
 
注目の horse カワカミプリンセスも状態良さそう。
2年前の降着でリズムが狂った感じでしたが、前走の粘りは平坦でさらに活きるはず。
 
馬券は以下の通り。
 
馬連 5-15
 
これ以外、考えられません。

| | コメント (6) | トラックバック (15)

馬券は的中したけれど

いやぁ、凄いレースでした。
タイムは驚異の1分57秒2です。
 
長い長い写真判定。
牝馬のワンツー、こりゃ同着になるのかなぁと思っていました。
レースを終えて先に戻ってきた安藤勝己騎手は、ダイワスカーレットを脱鞍所で1着の場所へ入れました。
首を傾げながらも、陣営の祝福を受けていました。
 
乗っていた安藤勝己騎手と武豊騎手も、どっちが勝ったかわからないまま。
 
そして写真判定の結果、ウォッカの優勝。
何センチ差?あるいは何ミリ差だったんでしょうか。
 
 
馬券はズバリ的中。
 
でも、そんな事どうでもいいよな。
 
いやぁ、凄いレースでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第138回 天皇賞(秋)

こんばんは。

先週、オウケンブルースリという非常に中途半端な名前の馬が勝ちました。
今回の天皇賞にもオースミグラスワンという変な名前の馬が出ています。
「グラスワン」って父の「グラスワンダー」を中途半端に切った名前なわけで。
 
・・とか、こんな余計な事を考えている自分、何だか客観的に見て今回は馬券が獲れない気がしてきました。
 
先週の菊花賞、実は自分としては相当自信があったんです。
その馬券が外れ、何か脱力感というかモチベーションが削がたというか。
今、ちょっと競馬に弱気な状態です。
 
しかもだ。それに追い討ちを掛けたのが今日(土曜日)のスワンS。
 
金曜日の夜の時点でマイネルレーニアとローレルゲレイロがいい感じだなぁと思っていたら見事にワンツー。
でも今日(土曜日)は1円も馬券を買ってない・・・。
 
何なんだこの流れの悪さは。
 
 
 
というわけで気を取り直して、予想。
 
horse ウォッカ の調教は「素晴らしい」の一言。
普通なら迷わず本命にするところですが、最近は距離が長くなるほど着順が悪い。
 
この馬の取捨選択は大きなポイントですね。
鞍上の武豊も、最近は三浦くんの話題に押されっぱなしだし。
 
horse ダイワスカーレット は府中が初めてだけど、一番向くコースだと思う。
長くいい脚が使えるタイプだもんね。
 
 
私はこの2頭、相当強いと思っています。
 
 
馬券は以下の通り
 
単勝 14
馬単 14-7

以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (16)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »