« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

第26回 フェブラリーS

久々の当ブログ更新でございます。
 
2009年GI開幕戦、フェブラリーS。
 
ダイワスカーレットの回避・引退は残念でしたが、馬券は正直買いやすくなりましたね・・・。
 
1番人気のカネヒキリ。
昨年のJCDを振り返ると、単勝人気はヴァーミリアン→サクセスブロッケン→カジノドライヴ→カネヒキリの順でした。
しかしそのJCDで奇跡の復活を果たし、さらに東京大賞典→川崎記念を制して堂々の復権。
 
今回カネヒキリが勝てば史上最多のGI8勝だそうですね。
でも「シンボリルドルフ・ディープインパクトを超える」という表現にはやっぱり違和感を覚えます。
これ、野球に例えれば、盗塁王8回の選手と本塁打王7回の選手を比べてどっちが「上」とか「下」とか言ってるようなもんでしょ?
どっちも凄い記録だけど、そう単純に比べられるもんじゃないと思いますけどねぇ。
 
さて予想。
 
本命は horse カネヒキリ
今回の仕上がりも非常に良いと思ってます。
1,600mの距離は本質的に少し短い気がするけど、「速さ」ではなく「強さ」で勝って欲しいです。
 
対抗はやはり horse ヴァーミリアン
ここ2戦負けているものの、カネヒキリとの着差はわずかにクビ。
しかも上がり3Fはカネヒキリより速い。
府中の長い直線、入り口で両馬が同じ位置ならば、勝つのはこっちかもしれません。
 
妙味あるのは4歳馬の horse エスポワールシチー
調子は抜群で、先行力もある。
展開次第で一角崩しの可能性も充分。
狙って面白い存在だと思います。
 
あとは
horse フェラーリピサ
horse ビクトリーテツニー
horse カジノドライヴ
horse サクセスブロッケン
 
まで。
 
 
馬券は以下の通り
 
単勝 2
馬連 2-9・10・12・14・15・16
3連複2頭軸流し 2・9-10・12・14・15・16

以上です。
 
 
※ 今回からしばらくの間、トラックバックの受付を中止します。よろしくお願いします。

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »