« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

第29回 ジャパンカップ

 
いよいよジャパンカップです。
 
本命は リーチザクラウン です。

菊花賞の時にも書きましたが、折り合いがカギ。
前半上手く力を溜めることができるかどうか?
イレ込まずに折り合えば、一番強いのはこの馬。
 
菊花賞は最後差されてしまいましたが、距離が長かったと考えれば頑張った方だと思いますよ。
今回、距離短縮は好材料で、掛かって飛ばしすぎなければ確実に上位に入れる素材です。
 
ふと思ったのですが、前半飛ばし過ぎると後半持たないというのは「マラソン」と非常に良く似ていますね。
自分もちょくちょくレースに出てたりするのですが、序盤抑え気味に走った方が絶対良い結果が出ます。
逆に最初から飛ばし過ぎてしまうと後半になってペースを上げる事ができず、さらに他のランナーにどんどん抜かれるからテンション下がりまくりだし。
序盤で「今日は調子良さそうだぞ!」なんて思って飛ばしてしまう時が一番危ない・・・。
なので、前半は抜かれる事が多くてもマイペースで我慢し、本来つらくなるはずの後半に抜く一方の展開というのが理想的なんですね。
 
今回のリーチザクラウンは前半に「溜め」を作って逃げる事ができるでしょうか?
 
 
昨年の覇者 スクリーンヒーロー も侮れない存在です。
天皇賞を見てもわかる通り最後まで根気良く走る馬なので、混戦になれば非常に面白い。
鞍上デムーロの追いっぷりも楽しみですね。
 
 

オウケンブルースリ の末脚にも期待。
前走は直線で前が開かずに脚を余しましたが、スムーズならここでも勝ち負け可能な能力があります。
 
 
外国馬は マーシュサイド コンデュイット に注目。
 
あとは、押さえで ウォッカ レッドディザイア
展開上の穴として エイシンデピュティ まで。


馬券は次の通り

 
馬連・ワイドBOX 9・10・18
馬連・ワイドフォーメーション 9・10・18-4・5・6・11・16
3連複・3連単フォーメーション 9-10・18-4・5・6・10・11・16・18

以上です。

| | コメント (0)

第26回 マイルチャンピオンシップ

どうなのよ?
 
ここのところ全然的中が出ません。
当たってたはずの秋華賞も例の降着でハズレになるし。
 
こないだ、JRAから「5重勝単勝式」という馬券の発売が発表されましたが、馬連すら当たらないのにそんな馬券当たるはずがありません。
でも、とりえあず買ってみちゃうんだろうな。
 
 
さて、今週はマイルCS。
気になる馬がたくさんいて、これまた馬券が難しい。
 
1番人気に推されているのは カンパニー
天皇賞で悲願のGI制覇を成し遂げ、今回が引退レースとの事。
引き続き調子は良さそうですが、距離は1ハロン短いと思います。
 
同枠の マルカシェンクがいい感じ。
今の出来なら去年より走れそうな気がします。
 
外国馬ではペリエの サプレザに注目してます。
もう少し人気無いと思ってましたが、現在3番人気なんですねぇ。
ゲートがスムーズならば上位争い。
 
あとは6枠2頭 ザレマ ヒカルオオゾラまで。
 
馬券は次の通り
 
馬連・ワイドBOX 3・4・11・12・15
 
以上です。

| | コメント (0)

第34回 エリザベス女王杯

こんばんは。
 
去年はポルトフィーノの落馬で全てパーに。
 
今年の本命は ムードインディゴです。
 
前走の力強い抜け出しっぷり、京都の外回りは向くはず。
展開に左右されるのは仕方ないですが、ハマれば上位争い。
でも1,800mであれだけ強い勝ち方をしたので距離延長は微妙かな?
ラップが落ちずに消耗戦になれば、ダンスインザダーク産駒の底力を活かせると思います。
 
人気の中心は ブエナビスタ
8戦中7戦で上がり最速をマークしている末脚が大きな魅力です。
ここも当然優勝圏内。
 
秋華賞の直線、前が詰まるような感じだった ミクロコスモス
でもブエナビスタの上がり最速記録をストップしたのは、実はこの馬。
スムーズに運べばとても面白いと思います。

外国馬の シャラナヤが不気味な存在です。
日本の軽い馬場に合いそうとの評価が目立ってます(自分は走りを見てませんが)。
 
昨年1・2着の リトルアマポーラ カワカミプリンセスも頑張っていただきたい。でも馬券の手が回らないです。


というわけでムードインディゴ本命も、展開次第で結果が左右されやすいタイプなので、馬券の買い方は難しい。

馬連・ワイド・3連複BOX
10・15・16・17

3連単フォーメーション
15・17-15・16・17-10・15・16・17

以上で買ってみます。


 

 

| | コメント (0)

第140回 天皇賞(秋)

1番人気は ウォッカですね。
ダービーを制した府中での成績は5-3-1-1という見事さ。
昨年のこのレースはダイワスカーレットとの激闘を制して勝利。
さらに1分57秒2というレコードのおまけ付きでした。
前走は逃げて差されましたが、本番で同じミスはできないはず。
 
前走でウォッカを破った横山典弘 カンパニー
昨年は後方待機からメンバー唯一の33秒台で上がり、ハナ+クビ+ハナの4着。
位置取り次第では充分に載冠の可能性もあるでしょう。
今回もウォッカをマークするのか、それとも・・?
 
オウケンブルースリの調子が良さそうです。
もっと距離が長いほうが良いタイプだと思いますが、良い脚を長く使えるので府中は向くはず。
 
あとは末脚に賭ける ドリームジャーニー エアシェイディまで。
 
馬券は以下の通り
 
馬連・3連複BOX 3・7・12・15・18
 
以上です。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »